公務員を辞めたいと感じる20代は転職のチャンスです【30代までOK】

公務員の転職

20代若手公務員「勉強して公務員になったけど仕事が楽しくないなぁ。このまま単純な作業を続けるばかりの公務員で人生終わってしまうのは嫌だから転職したいけど公務員は辞めない方がいいのかなぁ」

こういった疑問に答えます。

なお、僕は中核都市の公務員として10年勤務して30代で退職しました。
本当は20代のうちに辞めたかったですが、ダラダラと続けてしまいました。
退職した理由は色々とありますが基本的には以下のツイートの通り。

公務員になって1年目から「あ、やりたい仕事はこれじゃない」って思ってたんだけど、とりあえず3年やってみようと思って耐えました。その中で色々な提案やアイディアを出したんだけど旧態依然とする職場だったので全て却下。だんだん「変人扱い」されて生きにくい毎日に。辞めて正解だったと思います

30代で退職してもWebマーケティングやWebサイト企画、制作などの企業に転職し、公務員時代の年収を遥かに超えています。
結論から言うと、僕の場合は公務員を退職して心の底から満足してますし成功したと感じています。

公務員から民間に転職するのは難しいと言われていますが、ぶっちゃけ誤解です。

20代で公務員から民間に転職したいと思っている方は市場規模が大きいので転職はわりと簡単ですし、30代の僕でも民間に転職できているので20代から30代の公務員の方にはぜひとも読んで欲しい内容です。

本記事の内容

  • 公務員を辞めたいと思う人は優秀な人に多い
  • 公務員から民間に転職したいなら20代がベスト【30代までは余裕】
  • 公務員から民間に転職するのはわりと簡単です
  • 公務員から民間に転職するたった1つの方法

公務員を辞めたい20代は転職のチャンスで【マジ話】

公務員を辞めたい20代は転職のチャンスです
公務員は転職に不利と言われますが、20代であれば余裕で転職できます。
なぜなら30代の僕が転職活動中に転職エージェントから「20代の方で公務員から転職を希望する人はほぼ確実に転職できてるよ」と言われたからです。

実際に転職エージェントが扱う求人は「20代限定」の案件も多いです。
なので20代の人で公務員を辞めたいと思ってる人は悲観的に考える必要なしです。

次に、公務員を実際に辞めた20代や30代の方はどんな理由で転職したのかを見ていきましょう。
※全て僕の知り合いや同期の話です。

公務員を20代で辞めたい理由は?優秀な人ほど辞めたいと思う

優秀な人ほど公務員に満足できず辞めたいと感じる

優秀な人ほど公務員に満足できず辞めたいと感じる

公務員時代の同期や同僚で、公務員から民間に転職した人の特徴はまさにこれですね。
公務員に求められる業務内容はぶっちゃけて言うと誰でも出来る内容ばかりです。

むしろ、上から言われたことやマニュアル(規程や条例)に従いながら淡々と業務を遂行できることが求められます。
なので、上司や組織から言われたことだけをやればOKなのが公務員ですし出世するタイプもイエスマンが多い印象ですよね。

企画力やアイディア力がある人は公務員に向いていない

何か新しいアイディアや新しいことに対する企画力がある人は公務員に向いていないと思います。

公務員は仕事をしてもしなくても給与が支給されますから、何もしない方が楽なのは明確ですよね。とはいえ、やる気に満ちた優秀な人は優れた企画力やアイディア力を持っていますから、自然と課題を発見しては問題提起することができます。

しかし、ただ給料を貰うだけで満足している上司たちはその企画やアイディアを受け入れてくれることは少ないです。

なぜなら公務員の業界は旧態依然としていて新しい取り組みを嫌う傾向があるからです。

公務員時代の僕は、部署の制度や業務内容を改善しようと色々な企画やアイディアを上司にプレゼンしていましたが、「前例がない」との理由で門前払いは当たり前。

最終的には「組織を否定するひどい奴だ」のような最悪な扱いを受けていました。

組織やシステムをより良くしたかっただけですが、先進的な提案をすればするほど悪者扱いされるのが公務員業界の風潮ですね。

【結論】公務員には企画力やアイディア力がある人はもったいない

理由は上記のとおり。

企画力やアイディア力を求めている大企業やベンチャー企業は山ほどあります。

公務員には明確なやりがいが少ない

公務員の仕事って部署によっても色々あると思いますが、基本的には窓口対応やマニュアルに沿った書類作成業務、決裁業務などがメインです

個人のスキルや能力によって業務内容が変わるということは基本的にはなく、誰がどの職に就いても同じように業務を行えることが公務員に求められるスキルですから、やりがいを感じることは少ないと思います。

少なくとも僕はやりがいを感じたことは一切ありませんでした。

20代のうちは仕事が辛い

公務員の世界では「20代=若手」としか思われません。
責任ある仕事は任せてくれませんし、何かと上司が面倒です。

対して、IT企業やベンチャーの場合は20代こそが会社の中心となるケースが多いです。
なので20代のうちに結果を出せなかった40代以降の人は・・・

公務員と真逆の世界ですが、年功序列もなく能力に応じた待遇なのでやり甲斐は最高です。

公務員を辞めたい20代は優秀な人が多い

結論はこれですね。
普通なら公務員になれた時点で思考がスットップしてしまう人が多いですが、20代で公務員を辞めたいと感じる人は優秀な人が多い印象です。

おそらく自分の能力と実際の公務員の業務内容に差がありすぎて幻滅してしまうんだと思います。
詳しくは後述しますが、20代で公務員を辞めたいと感じた人はチャンスだと思います。

公務員から民間に転職したいなら20代がベスト

公務員から民間に転職したいなら20代がベスト
公務員から民間企業に転職するなら20代が最も最適な時期です。なぜなら・・・

20代は全ての業種に転職できるから

例えば多くの転職エージェントでは20代に限定した転職案件を扱っており、年間に20,000人以上の転職を成功させています。
その理由はいたってシンプルです。

  • 企業にとって働いてくれる期間(定年まで)が長い
  • 柔軟性があるため新しい仕事に順応しやすい
  • 個人のスキルを伸ばしやすい

企業の立場からすると、公務員としての勤続年数が長い方よりも20代を欲しがる理由は明瞭ですね。
なので20代のうちに公務員を辞めたいと思ったら悩むよりも行動する方がチャンスです。
この辺りについては新卒の公務員が仕事を辞めるのは損なのか?【チャンスありまくり】で詳しく書きましたので参考にしてください!

僕の場合は31歳の頃に転職活動を始めたので転職案件に苦労することは少なかったですが、それでも20代の方がたくさん案件があるので転職活動を始めるなら早い方がいいですよ、マジで。

ちなみに転職活動といっても行うことはいたってシンプル。

転職エージェントに無料登録するだけ

圧倒的にシンプルですね

自分が転職したい希望職種や待遇などを担当のエージェントに伝えておくだけで最適な転職案件を無料で紹介してくれるサービスで、リクナビなどが有名ですね。

自分でハローワークに通って1日中パソコンを見つめながら求人情報を探すのは時間の無駄です
どうせ無料で利用できるなら転職エージェンシーを利用した方が時短&楽チンなので使わない手はないです

ちなみに、同じ転職案件でもエージェントによって待遇が違う場合があるので、複数の転職エージェントに無料登録しながら自分で比較する習慣を付けておくといいかと思います。

僕は4つの転職エージェントに登録してましたが、全てメールでのやり取りだったので超便利でした。
なお、公務員が利用すべき転職エージェントについては公務員からの転職に失敗したくない人が使うべき転職サイト4選で詳しく説明していますのでご覧ください。

30代でも公務員から民間への転職は余裕です

30代でも公務員から民間への転職は余裕です
公務員を10年くらい続けていると、公務員としてのキャリアップの限界や公務員の本質に気付きますよね?
こういった背景から民間に転職したいと感じている30代も少なくないと思います。

とはいえ、「もう30代だから転職は無理・・・」と思い込んで公務員をズルズル続ける人が多いですが、ぶっちゃけ勘違いです。

30代までは余裕で転職できます

理由を説明します。

企業側の需要が30代まで拡大している

以下のデータを見てください。

質問:30代の転職市場は増加すると思いますか?

30代でも公務員から民間企業に転職できる理由と根拠

これはミドルの転職というサイトが集計したアンケート結果を引用したデータですが、これを見ていくと以下のことが読み取れます。

・以前の転職市場は20代が中心だったが、
・これからは30代の人材を求める企業が約86%も増加する

これまでは転職するなら「20代のうちに」が転職市場の常識でしたが、これからは30代までなら公務員から民間企業に余裕で転職できるようになりました。

企業にとって30代は即戦力となる

理由はシンプルですね。
30代ともなれば社会人として8年から10年のキャリアがあるわけですから、一般的なビジネスマナーや接遇などは問題ないはずです。

さらに言うと、公務員の場合は規則や条例に従って業務を行なってますから、その点については対外的な信頼性は高いようです。

僕の場合も「公務員なら文章作成や接遇は問題ないですね」と言われて複数の企業から内定を貰った経験があります。

【結論です】
30代までは公務員から民間への転職は心配無用です。

公務員を辞めるなら30代までに

30代にもなると家庭やローンなどで転職することに躊躇することも分かりますし、将来のことや生活のことを考えるとパッと決断できない気持ちもすごく分かります

これが40代にもなってくると職場での役職や対外的な理由から転職することがもっと厳しくなりますし、転職市場の現状を考えると40代以降の転職はぶっちゃけ厳しいと思います。

なので公務員を辞めて民間に転職したいと思ったら、転職市場が大きな30代のうちにアクションを起こすことが重要かなと思います。

公務員を辞めたいと思ったらまずは行動から

公務員を辞めたいと思ったらまずは行動から
公務員を辞めて民間に転職したいと思ってもなかなか行動できないのが現状ですよね。
公務員を辞めて新しい世界に飛び込みたいけど、毎日の生活と仕事に追われてそれどころじゃないことが多いと思います。

毎日楽しくない職場でルーティン化された業務を行なうだけの生活は精神的にもきついです、本当に。
とはいえ、ハローワークは平日しか開いていないので転職活動を行うのは厳しいですし、ネットで求人情報を見てもパッとする情報はあまりないはずです。

なので、いっそのこと無料で利用できる転職エージェントに登録しておくと心理的にもすごく楽ですよ。

転職エージェントを無料で利用するメリット

  • 自分の市場価値が分かる
  • 定期的に自分にマッチした転職案件が送られてくる
  • 公務員をいつ辞めても次があるという安心感がある

転職エージェントに無料登録して簡単な情報を入力すると自分の市場価値が分かりますし、僕の場合は当時の年収よりも良い条件の転職案件がたくさん送られてきました。
なので、公務員を退職しても次があるという安心感を得られたのでメンタル的にも助かりました。

そして、ここは【裏ワザ】かもですが、転職エージェントに登録しても転職に失敗する公務員も少なくないです。
その理由はいたってシンプルでして、ここを理解できているかどうかは結構大事なポイントです。

詳しくは【急増】転職希望の公務員が今すぐに行うべきことは1つだけ【簡単】をご覧ください。


他にも、今の自分がどれだけの市場価値(年収)があるのかを調べてみるだけでも気持ちが違いますのでぜひ試してみてください。
「いつかしよう、ではなく、今やってみよう」が確実に人生を楽にしてくれます!

プログラミングを学ぶならSkill Hacks!!買い切り型で無期限サポートあり!

人気記事IT業界に転職したい公務員におすすめのプログラミングスクール4社

人気記事公務員からの転職に失敗したくない人が使うべき転職サイト4選

人気記事 公務員からの転職で失敗しないために必要な4つの法則